« はじめまして(^▽^喜) | トップページ | 退院して3週間です。 »

入院中のこと

誕生した翌日の写真。

610_1 

黄疸の影響もあるかもしれないけど、色黒いなっっw( ̄△ ̄;)w

 

 

さて、今回の入院生活について語るなら、何はさておき母乳指導、母乳指導…

の毎日でした。

 

私は母乳が出にくい体質で、一人目の時は混合から始めて

1ヶ月を迎える頃にはミルクのみで育てていました。

今思えば、一人目を産んだ産院はあまり母乳指導に力を入れていなかったので、

生まれた日には授乳なし、2日目から朝夕2回、退院まで夜間の授乳なし

というふうに、“出にくい”人にとっては、余計に出なくなってしまうような指導方法

でした。(おかげさまで入院中は体を休めることができてラクでしたが…)

 

今回の病院は対照的でした。

母乳育児にとても力を入れていて、入院中にミルクは一切足さないという方針。

とにかく出ようが出まいが頻回授乳を!!という考え方です。

でも、なかなかお腹がいっぱいにならない赤ちゃんはひたすら泣く泣く…\(_ _;)/

抱っこしてあやしても、お腹が空いてるんだから泣き止むはずもなく、そのうち

泣き疲れて寝てしまったりしてかわいそうでした。

赤ちゃんは3日分のお弁当と水筒を持って生まれてくるから大丈夫と聞きますが、

そうは言われても、そばで見ている親にとってはやっぱり辛い状態が続きました。

 

助産師さんからは、とにかく回数を気にせず飲ませて!!と言われ、

昼も夜中も欲しがるたびにひたすら飲ませ続けていたので、1日の授乳回数は

12~13回、長い時は1時間以上授乳してるような状態でした。

 

さらに、2~3日目くらいからは頻回授乳に加えて、飲ませ方も上手じゃないせいか

乳首が切れてしまい、血が滲んでくるような状態に…。←涙が出るほど痛かったっっっ!!

それでも、乳頭保護器を使うと赤ちゃんの吸う力が落ちてしまうからということで

病院でもらった馬油を塗ってひたすら痛みを我慢して授乳を繰り返しました。

 

4日目頃、赤ちゃんが発熱。少し脱水気味になっていたそうです。

ずっとおしっこもウンチも出ていなかったので心配してたんですが…。

生まれたとき3200g台だった体重も、2800g台まで減少してしまい、

さすがにその日は、6時間おきに糖水を20ccずつ飲ませてもらいました。

その後、少しずつ母乳の量が増えてきたかなと感じるようになり、退院する頃には

少し体重も増加し、おしっこも出るようになっていました。

 

退院予定日、黄疸の数値が高めだったことと体重の減少を心配した先生が

“もう少し入院してた方が安心だけど…”と声を掛けてくれたのですが、

家のことも気がかりだったし、入院生活にも少し疲れていたので (^-^;)

予定どおり出生後5日目に退院させてもらいました。

 

、、、と、入院中の思い出はとにかく頻回授乳に尽きるわけですが、

退院してからもなんとか母乳のみで育ってくれているので

がんばって耐えた甲斐があったかな…。

あとは1ヶ月検診の体重の増え方をみて、ミルクを足すかどうか考えようと思ってます。

 

その他の病院の様子なども少し、、、

前回の記事にもちらっと書いたように、部屋はトイレ&バス付きの個室で、

新しい病院なので何もかもがキレイ ゚+.゚( ̄  ̄人)゚+.゚

とっても快適な入院生活でした。

食事は栄養のバランスが良いうえにボリュームがあって美味しく、

個人病院ならではの嬉しいオヤツタイムもありました☆

それから、オムツはなんと布でした!!

何を隠そう、一人目の時には一度も使わなかった布オムツ。

恥を忍んで、看護師さんに着け方を教えてもらいました、、、( ̄▽ |||)アハハ

でも、意外と使いやすかったので、実は退院後も布&紙を併用しています。

基本的に昼は布、夜&外出時は紙といった感じですが…。

 

と、まとまりない文章になってしまいましたが(すでに記憶が薄れかけ…)、

入院生活はこんな感じでした(;^-^;)

また思い出したことをちらほらと書いていきますね~☆

|

« はじめまして(^▽^喜) | トップページ | 退院して3週間です。 »

妊娠&出産」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126382/6886021

この記事へのトラックバック一覧です: 入院中のこと:

« はじめまして(^▽^喜) | トップページ | 退院して3週間です。 »